BU兄弟姉妹順位ワーク

 

 

兄弟順位PDF

 

スティーブ・ジョブス伝説のスピーチ

 

https://www.youtube.com/watch?v=bEkvJaergjw

 

 

BUアドラー心理学

 

アドラー心理学

 

 

コンフォートゾーン

 

 タッチフォーヘルス は経絡やツボを扱いますが、
鍼灸師さんのような0.5mmの鍼を打つ感覚からすると

かなり大雑把でアバウトだと言えます。

 

しかし、だからこそ、鍼灸学校に500万円も掛けて通った上に

国家試験を受けなければ鍼を打てない…というものではなく

世界中の誰もが、たった2日間のタッチフォーヘルス のレベル1を受講しただけでも

経絡のエネルギーを体感し、自分自身にも自分の家族やクライアントにも

即活用していけるものとなり、瞬く間に世界114ヶ国以上に広がって

たくさんの軌跡を起こしているわけです。

 

さらに、タッチフォーヘルス の他のメソッドにない大きな特徴としては

「ゴール設定」という概念です。

これによって、痛みや問題に焦点を当て、それを無くそうとすることではなく、

その囚われている問題=コンフォートゾーンから抜けて

ワクワク・ドキドキするようなラーニング・ゾーン、しかもパニック・ゾーン ギリギリに設定し

そこで、バランス調整をすることで、コンフォート・ゾーンを広げ

当たり前のレベルそのものを広げていき、

それが当たり前になったら、さらにゴール設定をして

自己ベストを更新し続けることができるメソッドになっていることです。

 

 

 

そこで、

『コンフォート・ゾーン」とは何か

まずはこちらの動画をご覧下さい!

 

 

体験会では

 ①任脈(今ここで選択する)

 ②督脈(自分を進歩・発展・向上させる)

為のスイッチの入れ方

をお伝えしました。

 

過去の杭を抜き、未来に杭を打つことで

コンフォート・ゾーンを移動させ

当たり前のレベルを上げる

 

 

 

 

このワークは、毎朝 新たな自分に成長する為に

実践することで、スコトーマ(認識の盲点)が外れ

今まで見えていなかった、新たなステージでの出会い

やチャンスが目の前に現れるようになります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お勧め図書

アルフレッド・アドラー「人生に革命が起きる100の言葉」
自分自身や他者を勇気づけたい時

直感で「1〜100 」の数字を言ったり、ページをランダムに開いて、

その番号やページに書かれているメッセージを読んで見て下さい。

ピッタリの勇気づけメッセージが書かれているはずです。

 

 

 

価値観の優先順位によって住み分けが起きている

 

 

あなたは日頃、

「〜ねばならない!(have to)」

という言葉を使っていませんか?

もしそうだとしたら「他人の期待のUSB」

に乗っ取られている状態だと言えます。

 

 

 

他人の価値観USBを引き抜いて

本来の自分を取り戻す!

 

高いゴール設定をして、コンフォート・ゾーンをシフトさせる為にも

ドリーム・キラーの言うことは、聞き流す事が大切です!

 

 

そして、あなた自身がドリーム・サポーターとなり、

ドリーム・サポーター同志で

切磋琢磨し合って行きましょう!

 

 

その為にも、価値観の優先順位を組み替えて行く事が大切です!

 

 

価値観の優先順位を組み替える時、

今までのコンフォート・ゾーン(安心領域)を抜ける事で、

しばしば「恐怖」を感じるものです。

 

しかし、「恐怖の向こう側」に人生の最高の瞬間が待っています!

 

この言葉を覚えておいて下さい!