復食・16時間断食5日目

 

おはようございます。

 

価値観の優先順位を明確にするワークはいかがでしたか?

 

誰もが、自分自身の価値観で動いている時

自発的でイキイキとして、頭が冴え、天才性を発揮する事ができます。

 

反対に、他人の価値観に従って生きる時

思考は鈍くなり、体は重くなり、なるべく先延ばしにしようとし、

その人自身の本来の力を発揮できなくなります。

 

誰からも、支配コントロールされる事なく

自分自身の価値観で生きれるようになったら

どんなに素晴らしい事でしょう。

 

しかし、現実は会社でも家庭でも

自分自身の価値観を尊重して、

「何でも自由に自分のやりたい事だけをやっていいよ!」

という訳にはいかないものです。

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

その答えは、

 

 

「自分以外の他の人の価値観からの意見やアイデアが

自分自身の価値観にどうすればリンク出来るか?」

を考えることです。

 

一番シンプルな事は、

何をする時でも、

「純粋に自分自身の為、自分の成長の為、自由度をあげる為に

喜んでチャレンジしてみよう!」

と選択する事です。

 

そうすれば、今までの自分自身の狭い価値観の枠組み

(コンフォート・ゾーン)を広げることができます。

 

大切な事は、

自分の価値観(自分の枠組みの極)

と他人の価値観(他人の枠組みの極)

の両極を体験する事で、自分の幅を広げ、

一つ上のステージでの中心を掴む事です。

 

そこで、

5日目の今日は、身体レベルからの両極を体験する

「サウナ道」ごご紹介します。

 

 

今朝も、ありのままの自分や他者を受け入れる

「BU六方拝 Part2」からスタートしましょう!

 

アーカイブ

 

トピック: 【朝活】第8期 BU六方拝
日付: 2021年12月8日 06:17 AM 

ミーティングの記録:
https://us02web.zoom.us/rec/share/qGJC__XBbM4g2EeM5hL6NVbG9Wc6fYsm5MpxJjGNBfH99SUbKqGaEx6zw94vty0L.mTqO66LVo1Q5ATnq

 

「整う」とは? サウナ道のススメ

 

私たちが感情的になる時、「私が正しい!」「あの人は間違っている」と言う二元性に偏って、自分を正当化しています。
真ん中に戻る為には両極を体験することが大切です。
これを「バイロン・ケイティ」のワークで思考レベルからターン・アラウンド(ひっくり返す)事で両極を体験しバランスをとるワークをしてきました。

さて、同じ両極を体験するにしても、

「自分が悪い事をした罰としてこんな目に遭っているんだ!」

と定義して体験するのか?

 

「自分の為、自分を成長させる為に敢えて体験しているんだ!」

と定義するのかで全く結果は変わって行きます。

 

前者は、全く気づきを得られず、どんどんアンペア数が下がって過敏(アレルギー)になって行きます。

後者は、ドンドン新しい気づきが広がり、アンペア数が上がり、全身が性感帯(喜び)に変わって行きます。

 

今日は、体レベルから両極を体験するワークをご紹介します。
それが「サウナ道」です。

 

「サウナ(熱い風呂)と水風呂」で両極を体験し、ベンチで休み、「整う感覚(0化)」

を楽しんでみて下さいね。

 

 

 

 

 

BUサウナ・セラピー

①解放したい問題をリストアップする

②問題を課題に変え、自分の課題と他人の課題に分ける

③自分自身の課題、共同の課題を明確にし、ゴール設定雨

④サウナまたは熱い風呂に入る時間(何分を何セットした良いか)を筋反射テストする

サウナまたは熱い風呂に入って浮上させる

 →14筋肉がダウンするのをチェックする

⑤水風呂に入る

⑥ベンチで休み整うのを感じる

 →14筋肉のバランスが取れてくる

⑦必要なセット回数繰り返し、ゴール設定を確認する

 

 

 

ガイアの法則:文明は物理法則
これからは日本の時代

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

 

トピック: 【朝活】BU六方拝
日付: 2021年9月14日 06:17 AM

ミーティングの記録:
https://us02web.zoom.us/rec/share/uOR951SHE886A6LetYm8wI2PHxx8n9Av8-0Tn0-Mks4O7QM8Gz8Tgkr2REur7g47.1WQfIP85aOfBrkJN