人相科学とは?



顔を見れば、その人の遺伝子レベルの
思考・行動・感情パターンがわかるって
知ってましたか?

これは、単なる人相学ではなく、
パーソノロジーまたは
「行動遺伝学(構造/機能)」という
脳神経学に基づく科学的な研究からの情報です。

例えば、メガネザルは目という感覚器官が
他の動物よりも極端に大きいですね。
そうすると、視覚情報が沢山入ってきますので、
当然、脳の視覚領域の細胞が沢山なかったら
意味がないわけです。

これに対して、ウサギは耳が大きいですね。
当然、脳の聴覚領域の細胞の比率も多いわけです。
そして、性格的には警戒心が強いですね。

メガネざる、ウサギ、トラなどの動物達は外見的構造が
違うと同時に脳細胞の比率の違いによる内面的性格も
違っているわけです。



これは人間に当てはめても同じことが言えます。

つまり、顔や頭の形を観察すれば、
その人の遺伝子レベルでプログラムされた
思考・感情・行動パターンが解るだけでなく、
その顔を持って生まれてきた
その人が今世、どんな人間関係の
トラブルを引き起こし、
それを通して何を学んでいくのか?
といった人生のテーマといったところまで
明らかになっていくわけです。

豊かな人生を歩んでいくためには
「仲間との良好な人間関係=
コミュニケーション能力」と
「自分自身との良好な関係=
遺伝子を通して自分自身の設計図を知り、
自分がどんな目的を持って
この肉体的特長を持って生まれてきたのか」は
大切な要素です。



男女関係、親子関係、民族差別などなど、
あらゆる関係性の問題を解くカギは
実は顔の特徴に違いから生じる
「思考・行動・感情パターンの違い」が
あったのです。

無料体験セミナーなどの
各種セミナーや個人セッションの中で
使っていきますのでお楽しみに♪


▲戻る